ノリうちで20人集めた日の話 その2

投稿日:

おはようございます。

narabi

昨日の記事の続きです。
みていない人はこちらからどうぞ。


6:00

店の前にまだ並びはできていません。
ノリウチ軍団が集めたホームレスたちが、
フラフラと店の周りをウロウロしてます。
そもそもなんで抽選なのに
こんな早い時間に来ないといけないかというと、

抽選券が300番で終わってしまうからなんです。

常連たちは、
このホームレスに最初に並ばせ、
そこに遅れてきた常連たちがどんどん割り込むのです
その後ろに並んでしまうと、

割り込みでとんでもない人数に膨れ上がってしまう他、

引き終わったはずの人が再度割り込んで並ぶせいで、

抽選が引けなくなってしまうのです。

なのでこれに対抗すべく、

僕はそれより先に、
始発より前に後輩を先頭の位置で待機してもらったのです。

始発で到着した僕らが、
走って店に向かい、並びます。
焦ったかのように、
ウロウロしたホームレスが自分らの後ろに並び始めます。
これで、抽選が引けなくなる心配を解消。
10分以内に呼び集めた20人が全員集結しました。
7:45
店員が店から出てきて、
抽選開始です。

仲間が次々と抽選券を引きます。

そして僕が抽選を引きます。
なんと出てきた数字は。

300枚の抽選券に対し。


「1」
20人「おおおおおおおお!!!!」

こればっかしは唸った。
軍団長である僕、自らが1番を引く!

そこへ、常連の一人が驚いて僕に話しかけにきます。

常連A「おやAKKY。これはどういうことだ、ずいぶん仲間が多いみたいじゃないか!」
僕「今日は本気なんですよ」
常連A「ほほぅ、オレらも頑張るよ。」
この話の流れで相手から狙い台を聞いてしまいます。
自分たちが入場後に、
どこの台を取りに行けばいいか作戦を練るためにね。

常連A「まずはエヴァだな。そんで残りは・・・」

と答える常連。
ふふ・・・口が軽いよのぅ。
いつも仲良くしてると思ったら大間違いだぜぇ。

僕には狙っている機種があったのです。

その常連の話を聞いて、

狙い島がかぶっていないことが分かり、
30番台の後輩を狙い島に向かわせることを決めます。
狙い島がかぶってたら常連にとられてしまうからね。

抽選が終わり、抽選の為だけに来てくれた後輩が帰ります。

残ったメンツでノリ打ちです。
正確には
7人ノリ打ち。
8人代打ち。
ノリウチは投資と勝ち分を割り勘。
代打ちは時給1000円+出来高。


近くのマックに15人が入り。
作戦会議です。

1番は本命島の「りんかけ」の角台。
30番台の二人も同じ島に向かう。

りんかけ

常連が本命島に行かないからね。
50番台は2027の入口側。
 
残りの100番以内は全員2027。

100番台がエヴァで・・・・。
と、僕が15人全員に指示を出します。
僕:「1番はK(仮名)。お前が入れ。俺は50番で入って後から来るやつに指示を出す。」
これで作戦万全。

入場の時間です。

9:00
開店と同時にシャッターが上がり、
店員が次々と番号を呼びます。


店員:「1番の方ーーー!!」
入口には秩序なく人が密集し、
呼ばれた番号の人が人ごみをかき分けて入場していきます。
ところが、50番で入ってトラブル発生。

常連がめっちゃ狙い島座ってる。

やられた


騙された。

バカだったのは常連の言う事を鵜呑みにした自分だった。
結局、リンかけは1番を引いた1台のみになり、
残りはこんな感じで着席します。(多少記憶がうやむやです)
・2027 ×6人
2027

 

・エヴァ~まごころ~ ×3人

まご

ここまで本命。
遅番の仲間が狙い島を取れず、

むなく以下の台を確保します。
・スカイラブ×2人
スカイラブ
 
・チャムチャム ×1人
チャムチャム

 

・青ドン×2人

遅番は期待できないと諦めていたら、

10時にに衝撃が走ります。
スカイラブ、チャムチャム
全台に6確定札が刺さる。
その後。
2027、6台島が全6
という事に途中で気が付きます。
(6台島以外の2027の島はハズレ )

3人が確保していたのですが1台空きます。

すかさず僕がガラケーを下皿に投げ入れようとしたその時。

常連「おい、俺が先だ」

僕「は?何が?」

常連「俺が先に見張ってた。」

僕「知らんがな、俺開店から見てたわ。」(嘘)

常連「嘘コケ!!!俺がずっと後ろにおったやろ!!」

僕「知らんわ。誰がそんなルール作ったん?俺だってずっとここにいたわ。」(嘘)

常連「俺見えてねぇよ!そんなのしらねぇよふざけんな!」

僕「わかった!!!ここは「じゃんけん」といこう。
 公平に「じゃんけん」だ。
   どっちが先なんて、誰も決められない。
   負けたら潔く去るから。存分に打ってばいい。これでいいだろ?」
   
   
常連「・・・・。しかたねぇ。」


僕:(勝ったな)

実写コナン

この時点でほぼ勝利確定。
なぜならこういう時、人は心理的にチョキは出せないものなのです。
力んでグーになってしまう。

チョキは焦っているとなかなか出ないんです。

だからこういう場合、
じゃんけんに持ち込めば勝ち。

ひたすらパー連発でほぼ勝ちます。

当時はこの作戦で何度設定6を奪ったことやら。

当然この時もじゃんけんに打ち勝ちます。

結局、2027全6島。

6台中4台占拠に成功!!!


結局エヴァも全6。
青ドン、2027のハズレ台を打っていた仲間が、
途中からエヴァに移動してきます。
リンかけは設定5。

メンバー全員の高設定ツモに成功したのです。
結局収支は
一人当たり5万5千円の快勝。
(代うちが半額)

誰もが勝つ事しか考えていなかった殺伐としたホールで。

一致団結して勝ちをもぎ取ったこの日は、

想いで深い一日であります。

流石にこんなことを今やったら、
他のお客に相当迷惑だからやらないけど。

仲間で打つって楽しいよな~。

マナーはキッチリしてほしいけど、
こういう活気が、またホールに戻ってきてほしい。
そう感じてくれた人は

アーカイブ

Copyright© こぜ6 GOES ON! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.